ブログの紹介

南ドイツのテュービンゲン市の日本学の修士課程学生です。日本の上古史、特に弥生時代、に興味があってそれを専門にしています。私に大事なことについて書くことが好きなので、このブログを始めて大学生活の気晴らしにすることにしました。将来はできれば日本系の投稿記事を書くと思いますので、このようで経験を積みたいです。それに、大学で学んだ日本語を練習したいのです。

だからドイツ語、英語と日本語の3カ国語のブログに、日本学が一体何なのか、私が修士課程でどんなことに従事しているのか、私に大事なことは何なのか、そのような色々なことについて書くことにしました。

日本古典文学の中で特に有名なのは清少納言に作られた「枕草子」という著書です。現在は原文を読んで忠実に訳してみるという授業がありますので、ブログを枕草子のリストのようにするという考えが出て来ました。

どうなるのでしょう?

Advertisements